キャビテーションの安全性について

脂肪吸引と同様の脂肪除去効果のあるキャビテーションは、手軽な痩身法として注目を集めています。手軽に受けられるものではありますが、まだその歴史は新しいため、施術を受けることで何らかのトラブルが起こってしまわないか、心配する人も少なくないでしょう。しかし、キャビテーションは安全性の高い痩身機器と言われているため、心配する必要はありません。

キャビテーションの仕組み

キャビテーションは、超音波を照射して皮膚の深層にある脂肪細胞を破壊する痩身施術ですが、脂肪吸引などのように外科手術を必要としないため、メスなどが不要で体に傷がついたり、痛みが発生することはありません。海外の大学で臨床実験が行われ、超音波を照射することによって、血管や皮膚、筋肉、内臓といった人体には影響を与えませんし、超音波が骨伝導することで聞こえる音も体に影響することはありません。このように、キャビテーション施術によって何らかのトラブルが起こることはほとんどなく、安全であると証明されている機器ですので心配する必要はありません。


脂肪吸引とキャビテーションの違い
一方、メスを使用して皮膚を切開する脂肪吸引は、脂肪を吸い出す際に痛みが発生しますし、術後も痛みが続きます。また、メスを使用するため、傷痕が残ってしまうというデメリットもありますし、脂肪吸引による死亡例もあります。部分的に確実に痩身できても、肌がボコボコするなど、見た目が悪くなってしまうこともあるそうです。

キャビテーションは、脂肪吸引よりも優れており、肌を傷つけたり痛みを発生させることなく、超音波を照射するだけで脂肪細胞を直接破壊して乳化させ、マッサージなどを併用することで効果的に体外に排出し、美しいボディラインをつくることが可能なのです。

まとめ
現在、エステサロンや医療機関で採用されているキャビテーション機器は、効果が実証されたものが使用されており、超音波で脂肪細胞を破壊するだけではなく、肌をトリートメントする機能まで兼ね備えており、仕上がりもきれいです。施術後に副作用などが起こったというケースもなく、確実な痩身には最適の機器と言えます。また、確実な脂肪除去効果と高い安全性がありながら、比較的低価格で利用することができます。脂肪細胞自体を無くすため、ダイエットにありがちなリバウンドが起こる心配もなく、短期間で確実に脂肪を無くしたい、脂肪の気になる部分はなくし、胸などは残したいという部分痩せを希望している人にも最適な痩身法といえます。